クリニックで受けられる早漏の治療方法

過敏性早漏の治療方法

早漏にもいろいろな種類があり、治療方法もたくさん存在します。
亀頭の部分が過敏になっていると早漏になるケースがありますが、この場合は過敏性早漏に該当する可能性が高いです。
過敏性早漏になっていると、亀頭の部分が性交渉の刺激に耐えることができずに、自分で射精をコントロールすることができません。
そのためパートナーが満足をしていない状態で射精してしまう可能性があり、そうなると相手の満足度が下がるなどの問題があります

過敏性早漏の治療方法としては専用の薬を亀頭の部分に塗るような方法もありますし、亀頭の冠部分を高周波メスで手術することで刺激に強くする方法などが存在します。
過敏性包茎だけでも治療方法は複数ありますから、先ずはクリニックに相談をするのが大切ですし、利用するクリニックによって用意されている治療方法の種類にも違いがあります。
クリニックではいきなり治療を開始するのではなく、最初にカウンセリングをしてくれるので、医師の話をよく聞くのが大切です。

心因性の場合は治療薬を使用する

過敏性早漏は亀頭の部分が刺激に弱いことが原因になりますが、心因性の場合はメンタル面が影響をすることで早漏になってしまうので注意が必要です。
過去の性交渉での失敗や、興奮のしすぎなどが原因となって早漏になってしまいますから、基本的には気持ちを落ち着かせないといけません。
性交渉をするときに自分でメンタルを落ち着かせることができない場合は、プリリジーという薬を服用することでスムーズに早漏を改善することができます。
薬を適切なタイミングで飲むだけで射精までの3倍程度長くすることができますから、パートナーの満足度を効率的に高められると考えられます。
プリリジーは継続して服用をすることで、早漏改善の効果がより増強されるような効果がありますから、心因性の早漏で悩んでいる場合は早めにクリニックに相談するのが大切です。
薬には効果だけでなく副作用もあるので、その点は医師からの注意点を聞いておくのが大切になります。

まとめ

早漏にはいろいろな種類があり、過敏性早漏で悩んでいる場合はクリニックで亀頭の部分に薬を塗って貰ったり、高周波メスを使用した手術などを受けることで改善することができます。
包茎などが原因になっているケースもありますから、早めにクリニックに相談をすると適切な治療方法を提案してくれる筈です。
心因性の早漏を治療する場合はプリリジーという薬を服用する方法が有名であり、継続して服用をしていくことで早漏治療の効果を増強できる特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。